指標・経済統計 為替市況 ドル円

ドル円104.80台へ、そして指標発表目白押し

投稿日:

こんにちは、今日の東京時間は、ドル円が104.80台まで上昇しました。

直近の高値だった104.30付近が意識されて上値が重かったけど、ここを抜けたら、ストップを引っ掛けるような感じで、強い上げ方でしたね。

・私は、少し調整の押し目があるかな~、と思って、下の方で買いオーダー出してたんですが、押し目待ちに押し目なしの展開で、見てるだけでした…とほほ^^;

ただ、105円あたりには、オプションの売り買いの攻防が観測されています、昨年末の高値105円台半ばも意識される水準なので、ロングを持ってる人は、そろそろ利食いを考えた方がいいかもね。

FXチャート

今年2014年のドル円の動きを振り返ってみると、昨年末に105円台半ばをつけた後、100円台後半まで下落、それからずっと揉み揉み相場でじれったい展開でしたが、ここに来て、方向感が出始めた感じです。

それにしても、半年以上も揉んでても、動き始めたら早いな…

さて、今週は、この後、重要指標の発表が目白押しなので、まとめておきます。

■9/2
23:00 米・8月ISM製造業景況指数

■9/4
12:30 日銀金融政策決定会合 結果公表
15:30 日銀金融政策決定会合 結果公表
20:00 英中銀(BOE)政策金利 発表
20:45 欧州中銀(ECB)政策金利 発表
21:15 米・8月ADP民間雇用者数
21:30 ドラギ・ECB総裁 定例会見
23:00 米・8月ISM非製造業景況指数

■9/5
21:30 米・8月非農業部門雇用者数
21:30 米・8月失業率

4~5日にかけてが怒涛の指標発表祭りですね、がんばりましょう~!

-指標・経済統計, 為替市況, ドル円

Copyright© FX実践ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.