初心者向けFXトレード手法、今だからこそ、スワップ投資を見直してみる

難しいことは分からないけど、FXをやってみたい!

そんな、超初心者さん向けのトレード手法が、スワップ投資です。

どれくらい初心者向けかというと、一言で言えば「買ったら放置、持ってるだけ」のトレード法、簡単ですね^^;

そんなスワップトレードのポイントは、できるだけ長期間、建玉を保有すること、FXの黎明期に、流行ったトレード手法で、これで大儲けした人も、たくさんいました。

しかし、リーマンショックとともに、このスワップトレードは、上手く機能しなくなり、スワップ派さん達も、一時期はグッと減りました。

が、しかし、最近、また、このスワップ投資が見直されています。

そんな、スワップ投資について、紹介したいと思います。


スワップとは?

そもそも、「スワップ」とは、何なんでしょう?

簡単に言ってしまうと、建玉を1日保有することで、もらえるお金のことです。

こちらのスワップポイント表は、高いスワップポイントで有名な、スワップ派に人気のセントラル短資FXのもの。

スワップポイント
(※2016年12月6日のスワップポイント)

FXダイレクトプラス

この日、ドル円を1lot買って、1日保有すれば、24円がもらえます。

そして、注意しなければならないのは、マイナスのスワップも発生するということ、

上のスワップポイント表でいえば、ドル円を買って1日保有すれば、24円がもらえますが、逆に、ドル円を売って、そのまま1日たつと、29円を払わなければいけません。

なぜ、このような、お金のやり取りが生じるかというと、スワップというのは、通貨間の金利の差額によって、発生するものだからです。

日本円は、言わずと知れた、低金利の通貨、銀行に預けていても、利子なんて、ほんと~に少しだけしかつきませんよね?

なので、銀行で、「こちらの方が利子がいいですよ」と、外貨預金を、進められたことがある人もいるかもしれません。

FXのスワップポイントとは、この外貨預金の利子と同じようなものなのです。

つまり、円よりも、金利の高い通貨を買って持っていれば、その金利の差額が、スワップとして稼げるのです。

逆に、金利の低い円を買うような取引をすると、その分の金利差が、マイナスのスワップとして発生します。

スワップ投資とは、高いスワップポイントの見込めるポジションを、できるだけ長く、保有することによって、このスワップポイントを稼ぐ、というトレード手法です。

買ったら、あとは何もせずに、持ってるだけなので、初心者さんでも、かんたんにできますね。


スワップトレードと相場

スワップトレード、一時期は、とても人気がありましたが、リーマンショックとともに、下火になっていきました。

いったい、なぜでしょうか?

こちらのチャートを見ながら、スワップトレードと相場の関係について説明していきます。

20161205a

2009年のリーマンショックをきっかけに、ドル円は、長い下落のトレンドに入りました。

この間、日銀も、何度か為替介入をしましたが、ドル円は、一時75円台をつけるという、めちゃくちゃな円高まで進みます。

こういう相場で、スワップポイントを狙って、ドル円を買っても、もらえるスワップより、差益のマイナスの方が大きくなってしまい、スワップトレードは上手く機能しません。

スワップを稼いでも、それより大きな、損が出てしまったら、トータルでマイナスですからね、意味がないんです。

とはいえ、ポジションを決済しなければ、含み損を抱えていても、損は確定しません。

私の知り合いは、リーマンショック後に、ドル円を5lotほど買って、一時期の円高で、-200万円の含み損を抱えていましたが、

その後のアベノミクスで息を吹き返し、見事に、買ったときと同じ水準で、ポジションを救出し、けっきょく、損は出さなかったとか。

この人は、かなり長い間、何年も、ドル円を持っていたので、スワップポイントだけで、数十万円ほど儲けたそうです。

まさしく、買ったら持ってるだけ、できるだけ長く…これぞスワップ投資です。

ただ、リーマンショック後は、アメリカは、金融緩和政策というのをやってまして、ドルの金利も、そんなに良くなかったので、スワップトレードに向く相場ではなく、それって、あまり上手いトレードじゃないんだけどね^^;

そうなんです、金利と為替相場の上げ下げには、明確な関係があって、金利が高い通貨は買われます。

アベノミクスでは、日銀が金融緩和政策をとったこと、それと同時に、アメリカが、ドルの金利を、再び上げはじめ、ドル円は、上昇トレンドに転じました。

日銀が、何度も為替介入しても、止まらなかった円高も、これで、トレンドが転換し、ぐんぐんと円安が進みました。

こういう相場こそ、スワップ投資に向いてる地合い、つまり、今の相場は、再び、スワップトレードを見直してみてもいいんじゃない? という状況にあるんです。


スワップトレードでどれだけ稼げる?

では、スワップ投資を実践した場合、いったい、どのくらい稼げるのか、シミュレーションしてみましょう。

上のスワップ表で紹介した、セントラル短資の、2016年11月の、1ヶ月間のスワップポイントを集計してみました。

ドル円を1lot買って、1ヶ月の間、保有していた場合、スワップポイントで781円を稼ぐことができた計算になりました。

また、高金利通貨の代表格、豪ドルの場合は、1ヶ月で1,206円のスワップを稼げた計算になります。

一見、少ないようですが、これを1年持っていたら、塵も積もれば山となる、それなりの金額になりますよね。

そう、大きな山も一歩から、コツコツと地道に稼いでいく、これがスワップトレードです。


スワップ投資の注意点

スワップ投資をするにあたっては、いくつか、おさえて置かなければいけないポイントがあります。

■レバレッジ

高いレバレッジをかけられるのが、FXの魅力の一つではありますが、スワップトレードの場合、レバレッジは高すぎてはいけません。

なぜなら、レバレッジが高すぎると、相場の値動きに耐えられないことがあるからです。

長い間、ポジションを保有するスワップトレードの場合、相場の変動に、十分にそなえる必要があり、レバレッジも慎重に決めなくてはいけません。

過去の値動きを見ると、2倍のレバレッジでも高いかもしれません、最大でも1.5倍程度、できるなら1倍をおすすめします。

レバレッジをかけられるというFXの魅力は、使えませんが、それでも、銀行の外貨預金に比べれば、手数料にあたるスプレッドは、はるかに有利、また、好きなタイミングで決済できるという利点が、FXにはあります。

■通貨ペア

スワップトレードをする場合、低金利の通貨を売って、高金利通貨を買う、といった取引が有効です。

円は、低金利通貨ですから、円を売って、例えば、豪ドルやNZドルなどの高金利通貨を買う、また、トルコリラなども金利が高く、スワップトレード派さんには人気があります。

ちょっと変わったところだと、円を同じく低金利通貨のユーロを売って、豪ドルを買う、といったような取引も、FXでは可能です。


スワップ口座の選び方

スワップトレードを始めるには、そのためのFX口座の選び方も、とても重要です。

スワップ投資のための口座として、重要なことは、次の2つ、

・スワップポイントが高い
・信頼性も高い

スワップポイントが高いことが重要なのは、言うまでもありませんが、長い間、ポジションを保有することを考えると、会社の信頼性もとても重要です。

上で紹介した、リーマンショック後からポジションを持ち続けた、私の知り合いは、一時期200万円の含み損を抱えながらも、何年も耐え忍び、けっきょく、損は出さずに、利益を出して勝ち逃げできました。

でも、その間、サービスを停止してしまったFX業者も多くあり、もしも、そんな口座でポジションを持ってたら…大損で終わってたことでしょう。

そんなスワップトレード派さんに人気のあるのが、セントラル短資FXです。

セントラル短資FXは、その名の通り、短資系のFX会社で、もともと短期資本の企業間取引をしていた会社のことを、短資会社といいます。

新興企業の多いFX業界にあって、明治時代から続く信頼性は、短資系ならではです。

スワップも高く、スワップトレードを始めるなら、おすすめのFX会社です。

FXダイレクトプラス
口座開設はこちら → セントラル短資FX

投稿日:

Copyright© FX実践ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.